こだわり情報満載 地域密着特集 > ALL > 生活環境改善委員会 ~カビ・結露 対策編~

生活環境改善委員会 ~カビ・結露 対策編~


エイブル生活向上委員会

生活にトラブルはつきもの、万一の場合に慌てずに済むには?

トラブルの事態に、どうしていいかわからない、聞く相手もいない・。そんな時はまずこのページをチェック!問題解決に役立つさまざまなヒントで、あなたのトラブルを解消します。

~カビ・結露 対策編~

気密性の高い近年の住居は、部屋の中に水分がこもり、結露やカビを発生させてしまいます。室内の換気に気を配り、気持ちのいい快適な住空間を保ちましょう。

生活環境改善委員会 ~カビ・結露 対策編~

どーして結露はできる?
answer!

結露が発生する原因は、気温と室温の温度差。
結露とは、窓ガラスや壁などに空気中の水蒸気が凝結し、水滴が生じる現象のこと。屋外と屋内での温度差が大きな時に、暖かい部屋に含まれる水蒸気が冷たいガラスや壁に触れて温度が下がり水蒸気が水になるのです。したがって、結露を防ぐには、まずこの温度差に注意しなければなりません。以下の6つのポイントに気を付けて!

  1. 室温を上げすぎない。
    室温は、常時20度ぐらいが適当です。
    室温が高いと、そのぶん室内の空気は多くの水蒸気を含むことになります。

  2. 換気スリーブは「開」に。
    部屋に換気スリーブがある場合は「開」にしましょう。
    とくに気密性の高いマンションではこまめに換気するようにしてください。

  3. 晴れた日は窓を開けて。
    晴天の時は、換気を充分に行いましょう。

  4. 室内に洗濯物を干さない。
    加湿器の使用も控えるなどして、湿気をなるべく抑えましょう。

  5. 結露はすぐふき取る。
    結露による水滴に気づいたら、すぐにふき取るようにしましょう。

  6. 結露防止シートを利用。
    市販の市販の結露防水シートを窓ガラスに貼るのも、よい対処法のひとつです。

生活環境改善委員会 ~カビ・結露 対策編~

カビのできやすい原因は?

answer!
高温・多湿・栄養が、カビの発生原因!!
カビは通常、温度20~30度、湿度75%以上、汚れなどの栄養分が揃うことで 盛んに繁殖を始めます。つまり、適度な湿度、温度、栄養の3点がカビの繁殖の原因なのです。 カビは、壁などにシミをつくるだけでなく、ぜん息やアレルギー疾患の原因にもなります。以下の4つのポイントに気を付けて!

  1. 湿気を防ぐ。
    換気扇を回すなどして風通しをよくしておきましょう。

  2. 結露に注意。
    結露が出たらすぐふき取り、水分を残さないようにしましょう。

  3. 汚れを残さない。
    こまめに掃除をし、カビの栄養源となる汚れを取り除きましょう。

  4. 事前に下処理を。
    浴室などカビが発生しやすい場所には、
    市販のカビ防止剤などで事前の処理をしておきましょう。

お部屋の中にはカビがいっぱい、目に見えないところで特に気を付けたいのはエアコンの中や、浴室の換気扇など、ユニットバスの裏側なども要注意。

面倒な汚れのお掃除は、プロにおまかせ!☟


エイブルのエアコンクリーニングエイブルの浴室クリーニング