こだわり情報満載 地域密着特集 > ALL > 生活環境改善委員会 ~電気がつかない? 停電編~

生活環境改善委員会 ~電気がつかない? 停電編~


生活向上委員会

生活にトラブルはつきもの、万一の場合に慌てずに済むには?

トラブルの事態に、どうしていいかわからない、聞く相手もいない…。そんな時はまずこのページをチェック!問題解決に役立つさまざまなヒントで、あなたのトラブルを解消します。

~電気がつかない? 停電編~

停電になった場合は、あわてずに落ち着いて原因を確認し、適切に対処しましょう。 また日頃から、停電に備えて懐中電灯やロウソクを用意しておくことも大切です。

生活環境改善委員会 ~電気がつかない? 停電編~

停電に備え、事前にやるべきことは?
answer!

自分の住戸の分電盤(ブレーカー)を確認しておきましょう。
住戸内の電気はすべて分電盤を通して流れています。入居したら以下のことを確認しましょう。
・分電盤の設置場所(通常は入口から近い収納の上部や、バスルーム付近の上部にあることが多いです)
・契約容量(通常はメインブレーカー部に表示されています)
・最大容量(重要事項説明書に記載されています)
分電盤は以下の3つのブレーカーから構成されています。


  1. 1.メインブレーカー

    契約容量が数字で表示してあります。これを超えると自動的にブレーカーが切れ、住戸内全体が停電します。

  2. 2.漏電ブレーカー
    漏電が起きるとこのブレーカーが切れ、住戸内全体が停電します

  3. 3.分岐ブレーカー
    居間や台所など系統ごとにブレーカーが分けられています。
    分岐ブレーカーの容量が超えたり電気器具がショートしたりすると、
    その系統が停電するようになっています。


生活環境改善委員会 ~電気がつかない? 停電編~

実際停電になったら?
answer!

まずは原因を見つけましょう。
停電してもあわてずに、周囲を確認して原因を探りましょう。
・近所も自分の住んでいる建物も電気が消えている場合
 →地域全体の停電です。しばらく様子を見ましょう。
・近所の電気がついていて自分の住んでいる建物の電気が消えている場合
 →建物全体の停電です。大家さんまたは管理会社に連絡してしばらく待ちましょう。
・廊下など自分の住んでいる建物の電気がついている場合
 →住戸内の停電です。ブレーカーを調べましょう。
ブレーカーが切れているときの対処ポイントは以下!


  1. 1.メインブレーカーが切れている場合

    電気の使い過ぎです。使用中の電気器具を減らし、ブレーカーを上げてください。

  2. 2.漏電ブレーカーが切れている場合
    漏電しています。最寄りの電気管理会社に連絡し、点検を依頼しましょう。

  3. 3.分岐ブレーカーが切れている場合
    その系統の電気器具の使い過ぎか、使用中の電気器具のショートが原因です。
    系統のコンセントで使っている電気器具を切り、分岐ブレーカーを上げてください。
    電気器具も点検してみましょう。


生活環境改善委員会 ~電気がつかない? 停電編~

いかがでしたか?ブレーカーのそれぞれの役割は意外と知らなかったのでは?
停電の原因がご自宅ではなく、災害や工事などにより地域全体の場合も考えられます。
その際はニュースやコミニティサイト、回覧板・掲示板などのチェックも大事ですね!

ひとり暮らしの強い味方

「コンシェルジュ24 for エイブル」に入会すると、困ったときに電話1本でメンテナンススタッフが駆けつけるなど、コンシェルジュのようなサービスを受けることができます。

サービス・料金の詳細はこちら☟


365日いつでも安心!コンシェルジュ24