こだわり情報満載 地域密着特集 > ALL > 生活環境改善委員会 ~防災編~

生活環境改善委員会 ~防災編~


生活改善委員会

生活にトラブルはつきもの、万一の場合に慌てずに済むには?

トラブルの事態に、どうしていいかわからない、聞く相手もいない。そんな時はまずこのページをチェック!問題解決に役立つさまざまなヒントで、あなたのトラブルを解消します。


~防災編~

いつ襲ってくるかわからない、事件や災害。ひとり暮らしの場合などは、大変な事態に巻き込まれても、 まずは自分ひとりで対処しなければなりません。 万が一を最小限に食い止めるための、事前の準備や心得を紹介します。

生活環境改善委員会 ~防災編~

 防災のために普段から準備はできている?


災害に巻き込まれると、生命をおびやかされるばかりでなく、
普段の生活にも多大な被害がおよびます。普段から身を守るための準備をしておきましょう。
よくある疑問にお答え!

生活環境改善委員会 ~防災編~

もし、自宅から火災が発生したら。
answer!

まず、あわてずに消火器などを使ってボヤのうちに消すように力を注ぎましょう。
火が強くなってしまったら、無理に消そうとはせず、 非常ボタンを押し大声で近所に知らせるとともに、119番で消防に通報しましょう。

もし、近所で火災が発生したら。
answer!

まず、すみやかに119番通報をしましょう。
初期消火が可能な場合は、消火器などで消火してください。
避難する際は、窓やドアを閉め、すばやく行動しましょう。

生活環境改善委員会 ~防災編~

玄関のドアはどうする?
answer!

火災時は、玄関のドアを閉めて避難。
玄関ドアは、火災時には炎と煙を遮断する役目を果します。
ストッパーなどでドアを開放した状態のまま避難しないようにしてください。

地震が発生した時は?
answer!

地震発生時に心配なのは、火災や転倒、落下物によるケガなどです。
突然の揺れにもあわてず、落ち着いて次のように対処しましょう。

  • ・火を使っている場合は、すぐに消す。

  • ・ドアや窓を開け、避難路を確保する。

  • ・揺れがおさまるまで、テーブルの下などに身をふせる。

  • ・避難する際は、エレベーターは使用禁止。クルマの使用も控える。


生活環境改善委員会 ~防災編~

 避難場所の確認と防災用品の用意をしておく。


いざという時に備えて、地域で定められている避難場所には実際に現地へ行っておきましょう。 また、日頃から下記のような防災用品を用意しておくことが大切です。
最低限下記のものは揃えておくと、役立ちます。
飲料水/食料/救急医療品/懐中電灯/ラジオ/ライター/乾電池
タオル/軍手/雨具/ビニールシート/ロープ/古新聞

万が一の時頼りになるのが保険です。

事故はいつどんなときに起こるかわかりません。エイブルの入居者保険なら火災はもちろん、盗難の被害、家財の破損、汚損まで補償の対象となります。

サービス・料金の詳細はこちら☟


リビングプロテクト総合保険